ダニーのアトリエ日記

Welcome to my room
          
                         
             
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

出番ですよ〜

6月5日
 ダニーのレポートより:前記事からの続き

6月2日開催された軽井沢グランフォンド(自転車愛好家大集合!)
の当日の模様をお届けします。

緑の中で
 
暑くも寒くもなく、ほど良いお天気に恵まれ緑の自然の元、早朝、自転車ライダー達は出発していきました。
2日、3日両日行われ、2日は40キロで3日は125キロの本格コースだったそうです。

↓広場には各出店者のブースが並んでいます。他のブース

おや〜?
その中でも異彩を放つ(?)ブースが↓

手描きそうです!

我らがF.R.Dのブースであります。

手描きの足跡ポスターに始まり、手作り感満載のかわいいブースですよ。

手作りでも決してちゃちいのではありません。









全体が森の奥の童話風イメージではありませんか!


後方で














でも...
ブース前より後ろのほうがなにやら賑わっているような?

差し入れふふ〜ん
納得です。

後方には美味しいもの載せたテーブルがあって、思わず手が伸びる〜

食べ物は尽きることなく補充される!





ワイルド

その横には湯沸かしセットまである!








ワイルドだろ〜


後方で


いつまでも後方で盛り上がってる〜

お店の方は大丈夫?






心配ご無用!



看板犬

ちゃんとお店番がいますから。



とっても気立てが良くて、愛想がいいメンバー。





縁の下の
時には縁の下の力持ちに。














にぎわい
おやおや、

いつの間にかお店には人だかりが!

嬉しいことに多くの方々にF.R.Dのことを知っていただくことが出来たようです。
写真に撮れませんでしたが、各わんず隊員↓も愛想を振りまき、活躍してくれました。

メンバー今回の一番の目的は
「、軽井沢の自然動物と人間の棲み分けに愛犬たちが一躍担っていく...などなど、フォレスト・レンジャー・ドッグのことを少しでも理解してもらう」ことなのです。



ブース
用意した各グッズも人目を引くように、かわいく並べられ、












缶バッジ



思った以上の売り上げでした。

シニア看板娘の貢献度が大きかったかもです。オホ



タンデム

二人乗り(タンデム)も参加多数。

仲良く行ってらっしゃ〜い!




ゴール
3時近くには次々と

ゴール!












グッズ
お店も終了間近にゲットした熊ベルと缶バッジです。

この缶バッジもスタッフの力作です!













そしてブーステントは片付けられ、跡形もなく消えてしまいました。

片付けも抜群のチームワークであっという間だったのです。


足跡













店番のレンジャー・ドッグ&ラビットの会話

ラビット隊員
「朝6:30〜15:00までの幻のテント...
でも私たちは忘れずに覚えていましょうね!」


ドッグ隊員
「ラジャー!」

軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(6) | -

仲間誕生まで

 
6月3日(日)
ダニーの久々のレポートより

6月2日に軽井沢にて、グランフォンド(自転車愛好家の大きな集い)が開催されたのですが、そのスタート&ゴール地点の広場(プリンススキー場駐車場)にF.R.D(フォレスト・レンジャー・ドッグ)もブース参加することになっていました。
その準備に、5月21日に公民館で打ち合わせなど集まった際、この↓二枚の動物形の板をメンバーが切り抜いてきたので、爐箸砲く色を塗る瓩箸いΔ海箸濃ち帰ったのでした。
それが新しい仲間2匹誕生の始まりでした。

始まり



新しいお友達は始めはペッタンコだった。









下塗り

そして茶系で下塗りされ....

シルエットに息が吹き込まれたようだ。



影



影が大まかに描かれただけで俄然、立体的になった。


画伯 


画伯はすぐに絵筆を置いて中断し、コーヒータイム。

コーヒータイムの合間に絵を描くのだ。















後ろに



ボーッとしていたかと思うと、一気に出来上がった。

後ろの正面だれなのだ?













2匹は何かお話ししてるらしい....

おともだち




誕生
新入り2匹の会話

レンジャー・ドッグ
「2日は僕らの初仕事だからがんばろー」


レンジャー・ラビット
「ラジャー!たくさんの動物好きに会えるねきっと」









そして2匹は静かに出番を待っていました。

さて、2日当日の模様は次回に!



軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(5) | -

童心に帰った日!

2月28日晴れ
このところ春目前の雪山を惜しむように雪中行軍に勤しんでいます。
昨日午前中はスノーパークの山頂までウォーキング、午後は犬ぞりを体験して来ました。(こちらのイベント→スポーツ・コミュニティ軽井沢Club

只、カメラがフリーズして(寒さのせい?)これ↓唯一いい写真です!

タラちゃん劇場

スノーパークの山頂で...(遠くに見える建物から登って来た)

左はお馴染みタラ嬢、ばっちり防寒スーツがお似合い。
右はカレリアン・ベア・ドッグのカイ君です。このまま絵本の表紙になるわね!

そして
↓Rちゃん撮影による迷場面です〜

「それ行けー、ダニー!! 」
ダニーはおやつで釣られればダッシュします〜

わーい



「キャ〜イ!! 加速してどんどん走ります〜」


わーい
                           ↑
             「後で筋肉痛にならないといいけど」と、
               クールに見つめるタラ嬢

果たして夕食後、椅子に寄りかかったままダニーも私もグダグダに眠りこけたのでした。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さぁて、
前記事の薄紫色のおじさんの正体は?

のび〜
  ウッシッシ〜
わての首はな、

伸び〜


っとなってな、



歯ブラシ

 ウッシッシ〜

歯ブラシになるのじゃ!


 
軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(4) | -

一週間の唄

12月15日(木)

一週間の唄(woolyバージョン)
山栗

木曜日(8日)に美女会(かい?)*に行き、手作り和菓子をいただいた〜

山栗の茶巾絞りにホッペが落ちた!





(*毎年末恒例、旧軽のとある場所で開かれる謎の 会)







雪




金曜日
(9日)に家の前で、この冬初の雪景色を撮った〜

土曜日(10日)はお家で過ごし、右腕リハビリしましたよ〜

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ〜


日曜日(11日)はアジリティー教室へ行く〜
↓コロ君&ママがスラローム奮闘中!
アジ


↓青いビニールトンネルから出て来たタラちゃん!をお出迎え〜
   「タラちゃんて小顔だ...」byコタロー(コーギー犬)
アジ


↓月曜日
(12日)はフランスに行き〜コンコルド広場でパチリ!
       (ウソばっかり)*
恵比寿







ロブション

前写真の建物の中にて...
怪しいムードの待合室でパチリ!


この後、
違うお部屋で素敵なお食事タイム〜



*恵比寿のジョエル・ロブションでした

火曜日(13日)はお家で過ごし、右腕リハビリしましたよ〜

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ〜

モロッコ
水曜日(14日)はカフェ・ドゥ・モロッコ*に行き〜
おいしいクスクス食べました〜


(*追分モロッコ料理のお店。この日を最後にお店を閉じるとのことで残念。お仲間5人と閉店を惜しんでお腹いっぱい平らげた!)



お菓子



特性のお菓子を出してくださった!

上質な油(多分バターではない)を使ったおいしいお菓子。




お菓子

モロッコ式コーヒーと一緒に。

どれもお豆がタップリで美味!


ともだちよ、これが私の〜
一週間の仕事です〜
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ〜
テュリャテュリャテュリャテューリャぁリャあ〜


あは

ケッ!

食べてばっかり〜






ま、年末だから大目に見てね。





軽井沢F.R.Dog | permalink | - | -

飛んだのは何者?

8月26日(金)  ダニー隊員の日記より

昨日、旧軽井沢のさる別荘地のお宅より、「屋根裏に正体不明の動物の足音がして騒がしく、棒などで突いても一向に治まらない。解明願いたい」と、出動依頼があり、ForestRangerDogのメンバーのうち4隊員が現場に向かった.

結果、下2枚目の写真の小動物“Mが飛び出したのだが、何者かおわかりかな?
尚、詳細はタラ隊員ブログが完璧でありますので是非!ご覧いただきたい。(丸投げお許しを


出動

↑一仕事終え、やや気が抜けた我が姿。満足感に浸っているともいえるような...(写真タラママ提供
それにしても、バンダナがいつもよれよれになるのだ。
次回からはどうにかしてくれたまえ、ワトスン君。
それからカメラも忘れないでくれたまえ!


そしてこれ、↓今回の超目玉〜タラママのナイス・ショット!!(またまた貴重なショットありがとう!)

誰?
 屋根裏から飛び出した
 謎の小動物M




この後Mは、
みんなが見つめていたその時、
突然変身し、山の急斜面に沿ってグライダーのように下降し、そして木々の中に姿を消したのだ!


まだ出動回数は2回だけど、毎回思いがけない発見がある。
とにかく実践経験を積むのが一番だね。
さて、次なる出動は何処へ〜!


それまでにバンダナどうにかしてくれたまえよ、ワトスン君


軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

ブレッド君、登場!

4月18日(月) 軽井沢中央公民館にて

きょうは犬は家でお留守番。
飼い主だけということで、“ベア・ドッグ”についてのレクチャーがありました。軽井沢のクマ対策に貢献しているベア・ドッグについてとても興味深く、且つ楽しいお話でした。

ブレッド
そして!

実際にクマ追い犬として活躍している、日本で唯一のベア・ドッグ、
“ブレッド君”
に会うことが出来ました!

ブレッド君とハンドラーとの地道な努力の甲斐もあって、軽井沢ではここ数年クマによる被害は激減しているのです。それはデーターによって見ることが出来ます。

ベア・ドッグについて説明するには私ではちょっと力が無いので...
こちら→『カレリアン・ベア・ドッグ』
でどうぞ〜!




ブレッド
ふぅ〜ん
ブレッド君...
君みたいな犬は
今までに会ったことがないな〜

へぇ〜
ブレッド君の先祖は、遠い遠い
フィンランドとロシアの間のカレリア地方で生まれたんだってね。

だからかな、君の醸し出している雰囲気は初めて感じるものだな〜

思わず「ご苦労さま、いつもありがとうございます」と跪いてご挨拶したくなるオーラがあるかと思うと、一転、遊び好きでお茶目な一面も見せてくれる。

そして日々、お仕事...というか、君の性格にぴったりのライフスタイルを送っているということが伝わってきたよ。


ブレッド君を先頭にウォーキングをして帰って来ると...


サービス






ひょい!
っと、門柱に跳び乗って
ハイ、ポーズ!










だれ?

みなさん、

揃えたかのように
一斉にカメラ構えて〜

カシャ!




ブレッド君、
日本人の心の友、『ハチ公』のスタイル知ってるなんて、なかなかニクイね。
このサービス精神にあっ晴れ!
会えて嬉しかった

きっとまた会おうね!



軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

熊と鹿とトンネル

4月11日(月)
昨日はF.R.Dのトレーニングがありました。
震災でお休みになったり、久し振りです。

以下、全て写真はタラママさんからいただきました
楽しい〜く撮ってくださったのでどうぞご覧ください!

だあれ
いきなりですが、

熊さん&タラちゃん
「見知らぬあなたはどなたさん?」
って感じ!

このシーンはトレーニングが終わって、熊さんが剥製と承知で近寄っているタラ嬢です(ダニーと同種のジャックラッセルテリア、スムースヘア)



本日の課題

今日は訓練というより、「大型動物に遭遇した時の各犬の反応を見る」ということで、事前に飼い主も犬もどのように熊が現れるのか知らされていません。

飼い主&犬がひと組づつ呼ばれて、離れた一角へ案内されると、先生に「ゆっくりそのまま歩いてください」といわれ、デッキの脇を歩いて行くと...

きゃ!(私のちょっとした驚き)

右方向からスルスル〜っと、この熊さんが自動的にお出ましになったのです(スタッフが陰で引っ張ってたのね

ダニーも一瞬、(およ!)っという感じ。
そしてすかさずその後は腰が引けつつも跳びかかろうという姿勢で、「ワウワウワウ!」と結構しつこく吠えていました。
でもその間、ちらっちらっと私を盗み見ていたのが何だか人間っぽくておかしかった...

先生から「吠えている時に褒めてやって、引き返して下さい」と指示があり、
何度目かの“ちらっ”の時にさり気なく私が帰ろうとすると、
ダニーも「あ、そう」という感じで案外あっさりとくるりと引き返して来たのでした。

スタッフのみなさん曰く、「タラちゃんと同じ反応〜」だそうです。
やはり、同犬種の性質ゆえの似たような反応なのでしょうか。


本日の課題

対象物に向かって“吠えろ!”の応用編です。

吠えろ飼い主&犬が大きな円陣になったところに端から先生が鹿の毛皮を持って回ります。

毛皮を前にしたら私が「吠えろ!」の号令をかける。
ダニーはワンテンポ遅いけれど何とかひと声吠えました。
(とにかく近寄って匂い嗅ぎたくて仕方ない感じでした)




ごほうび


吠えるとすかさず先生からご褒美が!!





本日の課題

さあ、お手製のマイ・トンネル登場!

くぐれダニーは『エルの字トンネルくぐり(なるべく口輪して)』が出来たら上級合格ということだった(他の項目は震災前に済ませてあった)ので、家で毎日トンネルくぐりで遊んでいました。

スーパーの“ダンボールご自由に置き場”でゴソゴソと同じ大きさのをあさって集めて作ったトンネルざますよ!




まずは短い枠をくぐることから始めないと嫌がって近寄らなくなることもある、ということで、長めのトンネルをくぐるには何日かかけました。

ダニーは元々くぐるという行動が好きなのか....
トンネルくぐりが天命のように繰り返し入りたがります。

きょうも、「くぐれ〜!」の号令の前にフライング気味〜

コーナー


「お、今コーナリングかな」




Uターン



あっちゅー間
にUターンして....






うふ
ダニー
「もう一回い〜い?」

wooly
「どうぞ!
ただし、口輪してね」

ちょっと迷ったダニーですが、渋りながらも口輪をして潜ってくれて、どうにか上級合格いただくことができたのです!

公式なテストではないけれど、やっぱり有難く嬉しいものです

口輪をするのは屋根裏など狭い所にいる小動物を追い立てる場合、興奮して噛み付いてしまうのを防ぐためです。


きょうで一応トレーニングは終了。あっという間の半年間でした
ちょっぴり寂しいけれど、きっとまた何かのイベントで会える...あ、実際に熊追い出動命令が来るかも!
4月末に旧軽デモウォークと卒業式があります。


タラママさん、連写してくださって感謝感謝!ありがとうございました。
お陰さまで良い記念になりましたよ〜

中でも...



顔〜




←新型カメオのブローチ?


のようなダニーの“The お顔”が一番お気に入り〜!






ダニー
「でへ...」





軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

君はだぁれ?


2月20日(日)、21日(月)
両日とも良い天気の下、F.R.Dの啓発ウォーキングとトレーニングに参加。

くまの子20日はピッキオの先生のレクチャーを受けながらのウォーキング。
クマが目撃されている農道を中心に6キロぐらいはあるいたかな〜。

そして出発地点に帰ってきたら... 

おや?

きみはだれですか?

クンクンクン...
もっと近付きたい〜
ワン、ワン!

ダニーの反応はこんな感じでした。


この小熊くんは
ピッキオの方が持ってきて下さった剥製です。

他のワンズもみんな似たような反応=好奇心示し(或いは用心深く)、少しづつ近付き吠えたりもする...という感じ。

凄まじい攻撃的態度には
ならず、また極端に怯えたワンもいなかった。

くま君
毛並みもふわふわで全体がとてもかわいい。
今にもよちよちとこちらに歩いて来そうでしょ!

実際は小熊のそばには母熊がいるでしょうから要注意ですね。

軽井沢で頻繁に熊が出没するのは、山に餌になる木の実などが無くなっているわけではなく、棲みかと人家が接近してしまったことが大きな要因なのだそう。
こんな子連れの親子熊、捕獲されずにお山に帰って欲しい。

F.R.Dトレーニングで教わったこと実践できるといいな。

熊さ〜ん、僕らが吠えたらスタコラサッサと山へお帰りよ〜
町に来ればまた煩い僕らがいるってこと覚えてね〜
やっぱりお山がいいんだな、ってわかってくれますように!
お山にはきみらのお仕事もあるんだよ〜
(以前、生態系についてレクチャーいただきました)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

21日は森下牧草でのトレーニング

ネットで囲まれたテニスコートで遠くからの呼び戻しの練習。

タラちゃん写真は→
ちょっと小さくて残念だけど、タラちゃんが飼い主さんのところへ向かって走り寄っているところ!(跳んでる!)

“わーい、ママ〜!”っていってるみたいね。
こんな瞬間は、はたでも仄々(ほのぼの)します〜


飼い主までの間にいろいろな誘惑があって、スムーズに戻らない場合の対処を教わる。


↓だるまさんがころんだ!をした。 その大きな木がゴール。
  そこにいる鬼さんが振り向いたら止まれ!

だるまさん



あっ、動いたらイエローカードですぅ。
つまり、待て!がちゃんとできるかな、ということ。


安眠
あ〜

きょうも帰るとぐったり〜の

でも楽しかったから笑いながら眠り〜の

Z Z Z....





軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

愛の力で合格なのだ!

2月15日(火曜)
これはきのうのヴァレンタイン・デーに、タラちゃん(トレーニングで一緒のかわいい女の子)からもらったチョコ色のおやつ。

バレンタイン

こんなにおいしいのは滅多にない!
“健康まぐろのこころ”っていうの。
この干物っぽいフレグランス、さすがタラちゃんはおしゃれだ!




きのうF.R.Dの中級テストを受けることになっていた。
なのに、ち〜とも集中できなくて、テンションも下がり気味。


そこで!

woolyがご褒美に急きょ、
“健康まぐろのこころ”(タイミング良く直前にくださったの)をちらつかせ始めたのだ。
実地で

もう僕はキュ〜〜ンっと集中力アップして...
ダンボール連結トンネル→
(写真byタラママ)
も快調に通り抜け...

その他の項目もOKをもらえ...

無事に中級合格出来たのだ。


まぐろの愛!      
ちゃう、タラちゃんの愛の力!
ありがと〜


F.R.Dのテストは所謂公式に認定されたものではないけれど嬉しいね
woolyは気を良くして妙に張り切り出したのだ。いつまで続くことやら...

で、きょうから

wooly「さぁ、おさらいしましょう!
レッスン・1猿の匂いを識別することからね」

さる
 と、
おもちゃを並べ始めた...
それも、僕の大好きなのばかり。

wooly
「さぁ、誘惑に負けずに猿の匂いを選んで!」
と言う。



さる

僕はメアリーちゃんもお靴も蹴散らかし、
迷わずに猿の匂い付き縄に突進した!

だって、この匂いは断トツに好き〜


そしてもちろん、
健康まぐろのこころをもらった。


レッスン・2
マスクwooly
「口輪装着できるようになる練習。
これは小動物を傷つけずに追いだすために必要。

一気に口にはめようとしてはいけない(嫌がって二度とさせてくれなくなる可能性大)

口輪の奥におやつを仕込んで、“待て”をさせ、ちょっとじらしてから“マスク!”と、号令をかける



マスクすると

まんまと
口輪にはまったダニーでありんす。
つまり、自分から鼻先を入れに来るようにする。

でも、すぐに外してやる。
これを繰り返して、飽きる前に辞める。

バックルで止めるのはまだまだ先のこと〜
いくら単純なダニーでも、はめられたー!となれば、見ただけで逃げ出すでしょうから。



いつか自然に嫌がることなく装着してトンネル潜れるようになるといいわね〜」



くぐれレッスン・3
wooly
「“潜れ!”の練習。

両横に穴を開けたダンボールの前で“待て”

(出口の前におやつを置いてある)



くぐれ
“潜れ!”

あっ、フライング気味のダニーでありんす。

なにせ、健康まぐろのこころが置いてあるからね。


もう一回



ダニーの目は向学心に燃えて
“もう一回潜りたい”
と言ってるのね!

感心、感心!」






ダニー
ちゃう、もっと健康まぐろのこころが食べたいの!」




軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

PとDは臭いのだ

2月13日(日) ダニーの日記より

きょうは久々のトレーニング日だった。
 
ワオワオ雪のため急遽、屋内訓練に変更。
屋内だといろいろな匂いが籠るから何となく興奮する。


さぁ〜
きょうも吠えちゃうぞー!

“ワオワオワオ〜ン”

あ〜
なんて気持ちいいんだろー!








きょうのトレーニングは
“追いたてる動物(一種類を選ぶ。僕は“猿”に決めてある)の匂いに興味を持ったら→ご褒美!”の練習だった。
三つの椅子に、それぞれ、“猿”、“犬”、“熊”の匂いの入った物が置いてある。


匂い僕は“猿”の匂いに興味を持ったところでご褒美をもらった。

他の匂いのところでは軽く嗅ぐだけで通り過ぎなければならい。

←くんくん...
(これは“熊”なのですぐにスルーさせられた)
(写真はTalaさんからお借りしました。
事後承諾お許しを)

箱
壁際の、
あの“P”の箱にはいろいろな匂いの物が入っているらしい。

先生はゴソゴソとの箱の中から猿や犬や熊の匂いの物を取り出して椅子に置いた。

“P”の箱の中はさぞ臭いでしょうねぇ。
でも、“D”もかなり臭いけどね」って、woolyは言う。




“D”とは何ぞや?

するとwoolyは、「背中に“D”の字を着た誰かさんよ(一枚目写真)」と言った。

は〜ん?
そんな人見なかったな...


とろ〜ん
チンプンカンプン...

いつもトレーニングの後は半熟たまごのようにとろ〜んとなるのだ。


とにかく、

“P”“D”は臭いらしい...


ではお先に
おやすみなさい...

...zzz




頭を使った後は特にぐったりと疲労するダニーであります。
何キロ歩いてもルンルンなのにね...


次回予告:
『愛の力で中級合格なのだ!』
 を予定してマッスル〜



軽井沢F.R.Dog | permalink | comments(0) | trackbacks(0)