ダニーのアトリエ日記

Welcome to my room
          
                         
             
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 秘密の森のお祭り | main | きれい尽くし >>

狐につままれた犬

『狐につままれる』とは....
“どうしてそうなったか、わけがわからない状態になること”
とシャープの電子辞書に出ていますが、

?今の僕がまさにその状態です。

ちょっと聞いてください。

相変わらずwoolyは“森の入りぐちSkog”の市場に出品するものを製作中なのですが、
なぜ巣箱ばかり描くのか...

それもひとつに固執してすごく時間がかかっています。
そして出来たものが、またこれちぃ〜ともわからない絵なのですよ。


島
ほら、やっとまた描き上げたのがこれです。
もう巣箱は飽き飽きなのに...

入り口のカーテンの向こうは不思議世界のようです。

『Wellcome to this island(ようこそ!この島へ)』と描いてありますよ。

あー、獏君がやって来たということは中には夢が入ってるのでしょうか?


島
空の鳥が『Unknown(未発見の!)』って看板下げてます。


どうやら、まだ誰にも知られていない島のようです!


島
トウモロコシが囲いの中で横になって居眠りしていて、
傍で鶏が“そこは私の場所だから早く出てちょうだいな!”ってわめいています。

おんや〜?鶏より大きなチョココロネやボーンクッキーが見えます!

コーヒーカップのスプーンに止まって小鳥が歌の練習中。
くちばしから出た音符を海の中から飛び出したサカナ君が食いつこうとしています〜



島
そして....

細い道を下ると、わっ!大きなリンゴがあって、
その先には小さな灯台が建っています。

見上げると、遠くに気球が飛んできました。
ひょっとしたら獏君が乗ってやってきたのかも....



はてメチャクチャなんですが見てるとちゃんとそこにあるような...
だから僕は狐につままれたような気分になるんです。

そもそも、これはいくらで買う人がいるのでしょうか?
森のタヌキさんやキツネ君なら欲しがりそうですが...

もし買ってくれたとしても家に帰って売り上げ袋を開けたら木の葉っぱ、なんてことになるんじゃないかと危惧しています。


wooly「ダニーッたら心配性ね〜
今回はたまたま巣箱が近くに安くあったから。
それだけのこと。でも描きだしたらとっても楽しい素材で夢中になってしまったのよ。

さーて、木のペイントは一休みして今度はガラスに描くことにしましょう。
たぶんダニーでも良く解る柄になると思うわ」



ジャックラッセルテリア | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

なんて素敵な巣箱!
高い木の上に置いてしまっては不思議の世界が見えなくなってしまうから、これはお部屋の中にとり付けましょう。鳥さんだけに見せておくのはもったいない。
でも取り付けちゃうとせっかくの後ろの絵が見えなくなってしまうから、吊るしたほうがいいかしら。
やっぱり、出窓かなんかに置いて、時々手にとって見ながら、ひとり空想のふけるのがいいかもしれない。
そして友達がきたら、まるで自分が作ったものみたいに見せびらかして自慢するのです!
うさぎ | 2008/04/26 11:25 AM
いや〜楽しい世界ですね!
私は現実的な人間なので、こんな世界をお持ちのwooly
さんに魅かれますね〜(*^^)v
この世界に入り込んで夢中で描いてる姿が目に浮かぶようです。
ガラス絵も楽しみです^^。
グレ | 2008/04/27 11:20 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wooly.jugem.jp/trackback/167
この記事に対するトラックバック