ダニーのアトリエ日記

Welcome to my room
          
                         
             
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 別天地へ! | main | さる年のいぬ >>

輝くサバラン

6月8日(月)
ダニー・西条(B級作家)久々に語る


さて、私の目の前にある輝くカスタネットのようなもの...

ふぅむ
甘く漂うアプリコットの香り。
これは、とんと姿を見せないといわれる
爛汽丱薀麝有瓩任蓮







それが思いがけず、不意にやって来てくださったのです!





ポンポンケーキと書かれた箱を開けたところ、他のお仲間の中に、しっぽりと鎮座しておられました。



迷わず私はサバラン様に近づくことに決めました。

何といっても、上蓋のアプリコットジャムコーティングは欠かせませんね!
この輝きがなければサバラン一族とはいえません。
このサバラン様はシンプル&リッチ!

以前出会ったサバラン様はややもするとシロップが甘すぎたり、余計なフルーツが入っていたり。
まぁ、それぞれお好みでしょうが。
でもポンポンのサバラン様は私の味覚に絶妙にマッチしたのでした。
上品な甘みで、えも言われぬ幸福感で心を満たしてくれます。
ああ、
でもこの幸福感は一瞬で消え去ってしまった。
「ノー!!」woolyのこの一言で!

















もう少し慎重に近づいていれば良かった。
せめてあと二口...

今でもあの一口が忘れられません。

それにしてもポンポンのサバラン様は何処からいらしたのでしょうか?
ぷんぷん怒ったwoolyが言うには...
「よくもパクリしてくれたわね!これはお友だちが遙々持ってきてくださった
鎌倉のなかなか買いに行けないお菓子なんだから!」
ですと。

目の前に置くのは目の毒というもの。
横のドッグビスケットに目が行くとは限らないのですぞ。

またきっとチャンスは来る。
今度こそ!
今度こそ!!


 
danyの日記 | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

サバランというケーキが食べたい。
ひとつ訂正あり。ダニー西条はB級作家ではなくA級作家。
路傍のネコ | 2015/06/09 2:41 PM
路傍のネコさん
サバラン見つける楽しみができましたね。
A級?
ダニー・西条はすぐ調子に乗るから暫くはB級でよろしくです!
wooly | 2015/06/10 12:29 PM
コメントする